新型コロナウイルス抗体検査の目的

新型コロナウイルス抗体検査

PCR検査や抗原検査は現在感染しているかどうかが分かる検査です。一方抗体検査は過去に感染していたかが分かる検査になります。
抗体は生体の免疫反応によって体内で作られるもので細菌やウィルスなどの異物から体を守ります。
抗体検査ではIgG抗体を調べます。IgG抗体は感染後1、2週間前後より生成され上昇します。IgG抗体が陽性の場合は過去に新型コロナウィルスに感染し抗体を獲得している可能性があります。

検査の利点と限界

少量の血液採取にて抗体の有無を確認することが出来ます。 しかしあくまで抗体検査となりますのでPCR検査や抗原検査の様に現在の感染を診断をすることは出来ません。また抗体を持っているからといって今後新型コロナウィルスにかからないことや抗体がないからといって過去や現在の感染を否定することも保証出来ません。

検査方法

静脈採血にて4cc程度の血液を採取します。迅速検査キットではなく外部検査機関に委託し計測となります。5日前後で結果が出るため後日医師より結果説明を致します。健診等で行う採血と同じ方式となります。

検査費用

自費診療となり8,800円(税込み)となります(検査結果説明も含む)。

その他

  • 中学生以上の方が対象になります。
  • 発熱や咳、痰等呼吸器症状のある方は検査を受けることは出来ません。
  • 完全予約制にて電話で予約をお取り頂いてからご来院下さい。
  • 来院後に新型コロナウィルス抗体についての説明書、同意書をお読み頂き全ての項目に同意を頂けない場合は検査出来ません。